COLUMN

2020.03.14

気軽に花を飾ろう。簡単なポイントをまとめました。

こんにちは、guiの三津田です。
暖かい春がやってきて、市場では春の花が最高に美しい時期になりました!
春の花は優しい色合いで香りも良いものがたくさん。

なかなか外に出かけられない今、花を手にする機会も減ってしまいがちかも知れません。
でも、私たちはこんな時にこそお花に触れて欲しい!と思うのです。
花が見せてくれる一生懸命咲く姿から、たくさんの癒しと元気をもらえます。
代わり映えのない毎日だとしても、花は毎日少しずつ変化を見せてくれます。


今回は簡単に気軽に花を飾るポイントをご紹介しますね。

<STEP1> 「お花の簡単な飾り方」

花の色も本数も組み合わせも自分が好きなものを選んで大丈夫。
水に浸かる部分の葉はすべて取りましょう。花瓶の水は毎日替えて、
茎も少しずつ切ってあげると長く楽しめますよ。

慣れてなくてよく分からない時は1〜3本くらいから。
茎の長さは「花瓶高さ」と「花の長さ」が1対2になる様に切ります。
花瓶には茎の長さの半分くらいの量の水を入れます。これでほとんどはバランスよく飾れます!
もし、花瓶がなくても大丈夫。コップや空き瓶でも飾ることもできますよ!


<STEP2> 「色々な飾り方を楽しもう」

飾るのに慣れてきたら、今度はいろいろな飾り方にチャレンジしてみて下さい!
美しい曲線のチューリップ、ボリュームのある大輪のあじさい、ふわっと広がるスイートピー。
それぞれに合う飾り方を、楽しみながら見つけながら活けてみて下さい。

花がたくさんあって、一つの花瓶で足りない時は、花瓶をいくつも並べて少しずつ活けて飾るのもステキです。


小さな蕾から大きく咲き開いた花は、散る姿までもが美しい、、と思います。
花が見せてくれるたくさんの表情の変化を、ぜひぜひ皆さんにも楽しんで見てもらえたら嬉しいです。