COLUMN

2018.09.14

秋の花、ダリアのあれこれ

こんにちは、guiスタッフの三津田です。 夏の暑さが和らいできて、ゆっくりと外を眺めながら歩けるようになってきましたね。 よーく見ると青々とした緑の木々は、赤や黄色に紅葉を始めていて、 秋の足音が聞こえ始めています! 街のお花屋さんでもシックな色合いの花や枝、実ものが増えてきました。 その中で、つい見惚れてしまうほど美しい「ダリア」という花を知っていますか? 最近では花屋でよく見かけられる「ダリア」という花は、実は秋が旬なのです。 ダリアは手のひらくらい大きな品種もあり、 一本でも華やかでパッと周りを明るくしてくれます! 赤やピンク色のダリアはプレゼントに選ばれることが多く、 花屋で見かけられた方もいらっしゃるかと思います。

あまり知られていないのですが、ダリアは蕾の状態で出荷できない為、 必ず咲かせてから収穫されるのです。以前福島のダリア産地さんの所へ見学に行った時、 蕾や変わり咲きのダリアがカラフルに並んでいてとても面白かったので、少しご紹介しますね。 お店ではあまり見かけないシングル咲きという形です。とてもダリアには見えないですよね。

これは 浮気ごころ という名前で、どんな模様になるか咲いてみないと分からない面白い品種です。 黄色やオレンジ色のダリアは元から品種が少ないそうで、 ピンク系に比べて生産量も少なめになるそうです。花屋でもなかなか見かけないので、 私も見つけるとつい選んでしまいます。 皆さんもお気に入りのダリアを探しに花屋さんをのぞいてみてはいかがでしょうか? ダリアは、花びらがとても繊細で傷つきやすいお花です。 茎も中が空洞になっているので、潰れたりしないよう優しく丁寧に扱うように心がけています。 余分な葉は取って、花瓶の水は少なめにします。 ダリアはボリューム良くまとめて飾って豪華にしたり、 1本だけスラリと飾っても絵になりますね。 私は茎を少し短めにして花瓶の口に花を乗せるようにしてちょこんと飾るのが好きです!