COLUMN

2019.03.06

春待つ人たちにお届けするひととき

2月は鎌倉で「春待ち茶屋」へ、本当にたくさんのお客様に
足を運んでいただきました。
いつも大盛況でにぎやかにたくさんのお客様にお花やジェラートをお渡しすることができ、
本当に楽しく充実した出店でした。ありがとうございました!!



「お店を持つこと」を夢のひとつにしていた私にとって、この一ヶ月は夢のように通り過ぎた日々でした。
少ないメンバーで運営しているguiにとって長期の出店は大きなチャレンジ。
私自身もどんなときもお店を開けることの大変さも身に染みて、
お店を持っている全ての人を尊敬する気持ちになりました。

そして、小道を抜けてお客さんが来てくれることの喜びや、花やジェラートを前に、
お客さんの表情が明るくなって笑顔を見せてくれたときの幸せな気持ちは言葉に出来ないものでした。

大げさかもしれませんが、SANTiさんの春待ち茶屋での日々は一生忘れないと思います。
これから本格的に訪れる春の季節の中で、寒くて寒くて凍えそうな日、
そこからほんのちょっと春めいた日に春待ち茶屋で過ごしてもらったひとときを
心温まる記憶として残していただけたら本当に嬉しいです。

Instagramを見てきてくれた方や、たまたま通りかかった方、サンティさんのファンの方など、本当にたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました!またいつかこんなお店をやれたらいいなぁと思います。

「春待ち茶屋」の申し出を快く引き受けてくれたサンティの皆さん、お店のスタッフとしてお手伝いしてくれたしのちゃん、いつも親切にしてくださった御成通りの商店街の皆さん。本当に本当にありがとうございました!