COLUMN

2019.08.14

食卓に花を

こんにちは、guiインターンの清水です。

お盆休みに入られている方、変わらずお仕事の方
それぞれかと思いますが、みなさんあまりの暑さに体調は崩されていませんか?

バテてしまいそうなくらいの猛暑続きの毎日ですが、信じられないことに、暦の上ではもう立秋です。
毎年、この「暦の上では立秋です」という言葉を聞く度に、どこが秋なんだ!暑すぎる!
と、声を大にして言いたくなります。

夏が終わってしまうのは寂しいですが
涼しくなって、早く秋の気配を実際に感じたいものです。


夏の風物詩と言えば、花火大会。
先日、花火が見える友人宅にお呼ばれして
友人達と花火大会を鑑賞しました。
とても美味しいご飯を友人達が作ってくれて
花火そっちのけで、食べてしまいました!



パエリアに唐揚げ、ジャガバター…
どれを食べても絶品です。

身近な人に作ってもらうご飯ってなんであんなに美味しいのでしょうか。外で食べるプロのご飯も大好きですが
お家で食べるご飯はより特別な味がします。

「こっちの料理にはこのお皿のが良いね」
「お花可愛いねー!買ってきたのー?」
なんて話しながら、わいわい盛り上がる時間は、料理を一層美味しくしてくれます。

美味しいご飯に、素敵なお皿、それを彩るお花。そして、楽しい会話。
この4つが揃う食卓は私の理想の食卓です。
可愛いお皿が並んで、その横に綺麗な色のお花があるだけで、食事の時間が何倍も楽しくなりますよね!

私は、自分が食べたいものばかり作ると、ついつい食卓を茶色に染めてしまうのですが
横にお花があるだけで、食卓がぱっと華やかになって、それを見ると嬉しくなります。



家のテーブルは小さいので、邪魔にならない程度の花を飾っているのですが、それだけで十分可愛いです。

暑い夏に、涼しげなブルーの色が映えて、心なしか少しだけ涼しく感じる様な気がします。

お盆休みで、家族や親戚、ご友人と集まる方も多いと思いますが
それぞれの素敵な食事の時間を過ごしてほしいな、と思います。

たくさん食べて、夏場を乗り切る為の英気を養っていきましょう!